シフトを考慮して探そう

シフトは看護師として転職を考えた場合、探し方のポイントとして、とても大切になるでしょう。交代制か正規の職員なのかパートやバイトなのかなど考えている収入と合わせて予め決めておくことです。病棟でなければ日勤だけのシフトもありますが、病棟勤務であれば必ず交代勤務が伴うでしょう。さらには2交代と3交代勤務の場合があり、申し送りなどの引き継ぎにかかる手間や時間のシフトに違いがあるでしょう。

3交代制の場合、1度の勤務時間は短くなったとしても、シフトが小刻みで体調の管理が厳しい面もあります。夜勤や休日を含めたシフトの流れや残業がどれくらいあるかなど事前に確かめて、採用されてから後悔したりしないようにしましょう。

看護師の国家試験の勉強をする学校には、看護専門学校と大学の二つがあります。高校を卒業してすぐに、看護師の勉強をして大学や専門学校で勉強する人もいますが、看護師の中には、社会人になったあとで看護師になる為に努力をし、転職をしたという人も割と多いです。

専門学校では、就業したらすぐに即戦力として業務ができるようなカリキュラムが用意されています。病院が中途採用で募集している人は、学歴よりも業務内容である事がほとんどですので、大学を卒業しているかどうかはそんなに関係がない事が多いです。病院付属の専門学校で勉強すれば、付属の病院での研修も充実していて、転職活動に有利になるような経験をする事ができるはずです。