夜勤を考えて寮付きか近場

ポイントとする探し方は、看護師の人が転職する場合、場所も条件の1つと思います。夜勤があり、時間帯のシフトなど働く時間がとっても不規則な職業ですので通勤の方法や通勤のための時間はとっても重要です。さらに立地によって患者の年齢層など違いがある可能性があります。ホームページや求人情報を鵜呑みにしないで実際にその場所へ行ってみることが大切です。

通勤する時間帯に伴って電車やバス、道路の混み方が大きく違います。さらに乳幼児がいる場合は保育施設と職場が反対方向では大きな負担となります。その他の条件が良いと働く場所が少しくらい不便でも頑張れると思ってしまってはずっと続くことになりますのでしっかりと見極めてください。

育児と看護師の業務の両立はすごくハードだという意見は多いですが、共働きが当たり前になった近年では、子育てと看護師の仕事を両立している人の割合は、看護師をしている人全体の半分以上にもなるそうです。

看護師の仕事と育児を上手に両立させる為には、理解のある勤務先に勤める事が重要です。これから看護師の仕事に復職を計画している人は、自分と同様に育児をしながら働いている人がいる職場や、育児休暇制度があるかどうかという事を基準に病院選びをすると安心です。あと、Uターン等で、実家の近くに戻って勤めるというのも良い方法です。看護師と育児の両立において、家族や周囲の協力は大きな心の支えとなるでしょう。